医療脱毛と脱毛サロンの違い

 

脱毛を行う場合。医療脱毛と脱毛サロンでの施術を行うことができます。

 

それぞれに大きく違いがあるため、メリットとデメリットを理解してから行うことがオススメです。
この二つの基本的な脱毛の仕組みは一緒になります。

 

医療脱毛ではレーザーを使い、脱毛サロンでは特殊な光を使いますが、これらをムダ毛の処理したい部分に照射することで毛のメラニン色素に反応させて、熱エネルギーに変換して毛根などを壊していくことで脱毛していきます。
しかし、この二つには大きな違いがあります。

 

医療脱毛は、医療用レーザーが使われているため医療資格者しか扱うことができないのです。

 

メリットとしては、レーザーは出力が強いため脱毛効果が高く、短い期間で施術を終わらせることができるということが挙げられます。

 

また、医療機関で行われているため衛生的で、万が一トラブルがあってもすぐに治療してもらえます。
デメリットとしては、費用が高く痛みが強いということが挙げられます。

 

 

対して、脱毛サロンは資格がなくても行うことのできる機器が使われています。

 

メリットとしては、痛みが少なく、比較的安価で行うことができます。

 

デメリットとしては、効果が医療脱毛に比べて低いため脱毛期間が長くなることや効果が必ずあるとは言えないということが考えらます。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるため、それを考慮して脱毛を行うことが重要となります。

 

また、通いやすさや雰囲気なども含めて総合的に通うところを決めることが大切です。

 

 

 

>>全身脱毛京都【※一番安い!おすすめサロンはココ(≧▽≦)ゞ】へ戻る